塗装の見本
Leica M3 ブラックペイント
Leitzminolta シルバーペイント
Nikon F5 50thカラーペイント
Leica IIIf ブラックペイント

Leica M4 ブラックペイント
Olympus M-1 チタンペイント

塗装
Painting
カメラボディの塗装の劣化や傷を復元するためには、塗装に対する高度な技術が必要です。当社では、分解・剥離後、下塗りから再現する独自の技術で対応しています。分解しての焼付け塗装を行いますので、塗装はオーバーホールと一緒にご依頼下さい。

通 常は剥離後に板金を行ってから塗装致しますが、剥離後に板金を行わない塗装も受付開始致しました。状態の良いカメラほど塗装料金が安くなります。また、塗装後に使用感が残っていても構わない場合にもお勧めです。

状態の良いライカM3の塗装料金をご紹介します。

板金ありの場合

OH工賃
45,000円
塗装工賃
100,000円
部品代
20,000円

小計
165,000円
板金なしだと
30,000円安

→ →
板金なしの塗装

OH工賃
45,000円
塗装工賃
70,000円
部品代
20,000円

小計
135,000円

※別 途消費税がかかります。
カメラを分解して焼き付け塗装を行いますので、塗装はOHと一緒にお受けしています。
※上記の部品代20,000円の内訳:シャッター幕15,000円+関連小物部品5,000円(この他に部品交換が必要ですと部品代が加算致します)
※塗装料金とOH料金は機種や状態により変わります。現物を拝見の上、改めて 修理の可否とお見積りをご案内致します。



M型上カバー塗装風景
1
2
3
4